アプライペン1本でいろんなペン読対応書籍を音声変換!

ペン読は、音声が出るアプライペンと呼ばれるペンで、書籍の文字をタッチすると、音声が聞こえてくるという、新しい語学学習のツールです。

CDのように頭出しなどが必要なく、自分が読んでいる本のスピードにあわせて、何度でもいつでも聞くことができます。

手軽で、使用がしやすいのが特徴です。

ペン読では、英語などの語学書だけでなく、古典、趣味の本、子ども用の本などさまざまな本が出版されているため、幅広い範囲でペン読が、アプライペンさえあれば楽しめるという、インタラクティブな教材になっています。

CDやDVD、書籍だけの教材では飽きが来る、上達しないと思っている人は、教材に少しの工夫が必要かもしれません。

できるだけ楽しんで、また短期集中して身につけたいのが、語学や趣味の技術だから、楽しめる教材を集めるのはとても重要なのです。

語学は耳で聞くこと、それを真似してアウトプットすることはとても重要です。

ペン読.com大人から子供まで楽しく英会話学習法

読み、書きも並行して行なっていけば、文字が音で身体に習得されていきます。

読み、書き、聞く、真似をしてしゃべるの4つのパートが同時に体験できれば、正確に単語を、フレーズを、センテンスの中での使い方を体得することができるのです。

これは、日本に住んで日本語で生活をしながら外国語を身につける上では、とても大切。何度でも繰り返しできるのもいいですよね。

英語絵本集などを使えば、海外の子どもが体感するお話を、日本に居ながら身につけることができます。

2008年の北京オリンピックの時、ボランティアスタッフは150万人にもなりました。そのボランティアの人たちに、3か月で英語を習得させなければいけなかったとき、ペンで読みながら学べるツールが選ばれました。

どんな人にも、短い時間でリスニング力や発音を上達させようと思ったら、聞き取れない箇所を何度も繰り返せる、目で文章を追いながら確認できるという、シンプルなツールは効果的です。

お子様用にもシンプルな使い方で、自分で楽しみながら絵本や外国語に親しめるのでおすすめです。プレゼントにもいいですよね。